澤中がおっきな夢を追いかける記録

大学生の僕がおっきな夢が叶うまで記録をつけたいと思い始めました。

澤中、紳士留学。②

 

 

みなさんこんばんは。

ロンドンは現在夜の23時半です。

 

すでに眠いので布団にいます。澤中です。

 

今回はロンドン2日目の記録をつけたいと思います。

 

2日目の朝はホステルの無料朝ごはんサービスでスタート。

パン食べ放題なのでアイスランドよりもホステル安いのに朝飯までついて最高ですね。

 

昨日の時点ではトイレの紙も流せないし、シャワールーム意味わかんないし、三段ベッド1番上だしとここのホステルなんなんだよとか思っていたのですが、住めば都ってこのことですね。

 

今はすごく居心地がいいです。

アメリカ人とか、マレーシア人、あとはドイツ人なんかと話をしながらまったり過ごしてます。

 

話を戻すとこの日は街中にある無料で見学所をしらみつぶしにまわってきました。

 

最初に行ったのはここです。

f:id:yuki_100per:20180122073109j:image

The Wallace collection です。

 

ここはウォレスさんが個人的に集めたコレクションをみんなに無料で見せてくれる所です。

 

正直、最初はどーせ個人で集めたんだし、無料だからしょぼいんだろうなと思っていました。

 

が、しかし、めっちゃすごかったです。

f:id:yuki_100per:20180122073534j:image

こんなんあったり

f:id:yuki_100per:20180122073636j:image

こんなのもたくさんあったり

f:id:yuki_100per:20180122073731j:image

絵もたくさんありました。

 

個人でこれだけ集めるのって相当な金持ちだったんですね。。。

鎧や、鉄砲、サーベルに槍に、大砲、日本の刀や兜まで置いてありました。。。

 

高校生の頃ずっとハマってたps3のゲーム、ブレードストームの世界がここにあり!って感じでめちゃくちゃ興奮しました。

 

ちなみにブレードストームはイングランドとフランスの100年戦争を舞台としたゲームです。

めちゃくちゃ面白いので皆さんに本当にオススメしたいゲームです。

このゲームのおかげでフランスの地名を並の人間よりも知っている自信があります。

 

あと、俺も将来こんなたくさんの鎧を家に飾れるような金持ちになりたいなって思いました。

 

次は大英博物館へ。

f:id:yuki_100per:20180122074311j:image

大英博物館は度肝を抜かれました。

さすが、大英帝国って思いました。

世界のほとんどをイギリスが持っていた時代があったというのが本当に納得できるくらいすごい博物館でした。

 

大きすぎて絶対1日じゃ回りきらないですね。。。

自分は他にも行きたい所がたくさんあったので興味ないものはささっと軽く目を通したか、通してないかすらわからないくらい一瞬で通り過ぎて行ったのですが、全部回るのに3時間かかりました。

 

しかも、世界史の教科書に載っているようなものばかりが展示されてて終始めっちゃ興奮しました。

 

しかも、写真撮影は基本自由なのでみんなカメラで撮影してました。

俺も負けじと撮影しました。

 

f:id:yuki_100per:20180122074840j:image

知らない人はいないんじゃないかっていうくらいなロゼッタストーン

f:id:yuki_100per:20180122074938j:image

あのインディアナジョーンズが探していたクリスタルスカル

 

まだまだ、たくさん日本史専攻だった自分でもわかるようなものがたくさんあり本当に興奮しました。

 倫理も専攻していたので、古代哲学者の石の頭も置いてあって本当に興奮しました。

しかし、日本のブースは何があるんだろうとワクワクしていたのに

f:id:yuki_100per:20180122075108j:image

閉まっていました残念。

 

とにかく大英博物館は絶対行くべきですね。

これがタダで入れるなんて本当に信じられないくらい楽しめます。

今度行くときは世界史めっちゃ好きな子と行って色々解説してもらいながらまわりたいなってすげえ思いました。

 

ですので、世界史が特に好きだったていう人いたら連絡ください。

まじで一緒にイギリス行きましょ。

 

10時前にでたのにもうお昼がとっくに過ぎてしまっていてお腹も空いたので、お昼ご飯を食べに行きました。

 

ラーメンが無性に食べたくなったのでラーメン屋に来ました。

f:id:yuki_100per:20180122075542j:image

金田屋。

目の前に一風堂があったのですが、金田屋は人が並んでいました。

結構な人気店なんですね。

ちなみに僕が頼んだのは豚骨エキストラハードです。

 

で、並んで食べたら味は美味しいですが、個人的には元バイト先の三草亭の方が好きですね。

本当に。

 

店員さんの日本人と軽くおしゃべりして色々と教えてもらいました。

ありがとうございました。

 

その後はnational gallery に行って来ました。

f:id:yuki_100per:20180122081447j:image

ここにも知らない人はいないんじゃないかレベルの絵がたくさん飾ってありました。

しかも撮影自由。

 

f:id:yuki_100per:20180122080044j:image

ゴッホのひまわり。

さらにミケランジェロにレオナルドダヴィンチ、モネなどそうそうたる画家の絵もありました。

 

中高時代の美術のおばあちゃん先生に本当に感謝の気持ちが湧きました。

先生は有名な絵を見て覚えることは大切だと教えてくれたからです。

お陰でわからない人にはただの画像でしかない絵でも知っていることによってこの絵は素晴らしい絵なんだって感じることができました。

 

当時は意味もなく覚えていたのですが、やっと今気づくことができました。

素晴らしいものを素晴らしいって感じられる人間にしてもらえて本当に感謝です。

 

次はTate Britain に行きました。

f:id:yuki_100per:20180122081820j:image 

ここはイギリスの芸術家たちの作品が展示されてました。

 

なんかほとんど同じ人の作品ばかりでした。

しかし、現代アートは見るの好きなので現代アートを中心に楽しみました。

 

f:id:yuki_100per:20180122082159j:image

僕の1番のお気に入りの写真ですね。

こんな椅子欲しいです。

 

次は戦争博物館に行ってきました。

イギリスは世界のほとんどを手に入れる軍事力を有していた国でもあり、近代以降戦争に負けたことのない国でもあるので楽しみでした。

(間違えてたらすみません。)

 

f:id:yuki_100per:20180122081246j:image

もう入り口に軍艦の大砲が展示してある時点で興奮しました。

しかし、中はそこまで大きくはなかったです。

f:id:yuki_100per:20180122081411j:image

救国の英雄スピットファイアだったり

f:id:yuki_100per:20180122082034j:image

零戦の残骸

f:id:yuki_100per:20180122082149j:image 

リトルボーイの模型。

 

あとは撮影禁止だったので撮ったないですが、ホロコーストの資料だったり、

英雄たちの資料だったり、

核ミサイルの模型だったりが置いてありました。

 

日本で第二次世界大戦の展示となるとやはり日本やアメリカ中心になってしまい、ナチスドイツなどの資料はあまり見られないのですが、ナチスドイツの資料だったりが見れて個人的には満足です。

 

ここで、他の施設は全て閉館時間となってしまったので夜ご飯を食べに行きました。

 

夜ご飯は中華を食べました。

あんかけチャーハン

f:id:yuki_100per:20180122082735j:image

日本円にしては高いですが、ここではまあまあの£8。

しかもお腹いっぱいになったので、アイスランドの食事よりもめっちゃ恵まれてますね。

 

てな感じで今に至ります。

 

 

澤中、紳士留学。①

 

みなさんこんばんは。

いま僕はロンドンにいます。

こちらは現在夜の23時です。

 

三段ベッドの一番上のベッドになってしまい本当に苦労してます澤中です。

 

昨日の夜アイスランドの国際空港で空港野宿をし、朝の便でロンドンに来ました。

 

出発時刻が15分くらい遅れたにも関わらず、5分早く着くという。。。

f:id:yuki_100per:20180121073011j:image

飛行機の中から見るアイスランド

街などほとんどなく真っ白ですね。

 

航空会社はLCCイージージェットを使いました。

チケットの印刷の必要がなく乗り心地も良かったです。

 

そんなこんなでルートン空港に到着。

イージーバスを使ったのですが、これもチケットを印刷する必要はありませんでした。

(窓口に印刷できなかったって言ったらじゃあこのチケットの画面見せれば大丈夫だからと言われました。)

 

まあ何はともあれ良かったです。

オンラインで前日予約していたこともあり、ロンドン市内まで£3.99と安く行くことができました。

 

ロンドン市内に到着。

ホステルに行く前に2つしなければならないことがあったのでまずはそれからやりました。

 

それは変換アダプタの購入とオイスターカードの購入です。

 

オイスターカードはビクトリアステーションの自動券売機で買いました。

変換アダプタは電気屋さんで£6.99で買いました。

 

しかし、ホステルの近くのおみやげ屋に行ったら同じような変換アダプタが£4.99と£2も安くホステルに行ってから買えば良かったと後悔しました。

 

そんなこんなでホステルに到着。

今回は12人部屋です。

さらにこの部屋の少なくとも9人は女性グループ。部屋で何語かわかりませんがめっちゃ話しています。

それにしても女の子ばかりなのに部屋汚くてびっくりしました笑

 

俺のベッドが1番片付いている説。本当に。

てなこんなでこの日は何も食べていなかったので、イギリスといえばと思いフィッシュ&チップスを食べてきました。

 

何を血迷ったのかイギリス料理のお店ではなくアラビア系のお店でフィッシュ&チップスを食べました。

この店で単品で一、二を争う高価なのがフィッシュ&チップスでした。

それでも£9.5他のお店を見たら£15くらいするので安かったです。

 

f:id:yuki_100per:20180121074514j:image

しかもこの量。

食いきれませんでした。。。

また、期待通り美味しくありませんでした。

 

で、そのあとはロンドン滞在中予報だとこの日以外雨の予報だったので今のうちに夜景を見てこようと思って夜景を見に行ってきました。

 

f:id:yuki_100per:20180121074648j:image

ビッグベンは幸か不幸か滅多にない工事中でした笑

そのせいか9時になっても鐘はなりませんでした。。。

 

その他にもちかくのものを見てきました。

f:id:yuki_100per:20180121074856j:image

ロンドンアイ

f:id:yuki_100per:20180121074932j:image

有名な教会。

(名前を忘れた。)

f:id:yuki_100per:20180121075016j:image

バッキンガム宮殿

f:id:yuki_100per:20180121075044j:image

f:id:yuki_100per:20180121075108j:image

 

思ったことはスケールが違いすぎるということです。

こんなん観光分野で日本勝てねえなって思いました。

もうスケールの違い全てに圧倒されました。

 

とまあこんな感じな所を回ってきてもう22時を過ぎたので今日はフライトと空港野宿の疲れもあり、ホステルに戻ってきました。

 

これからシャワー浴びて、歯磨いて明日に備えて寝ようと思います。

 

明日は無料で見学できる博物館を中心に周る予定です。

澤中、念願のアイスランド上陸。⑦

海岸線を 

みなさんこんばんは。

アイスランドは現在夜の20時です。

 

明日は午前中のフライトのため宿泊代を浮かせるべく空港野宿します。澤中です。

 

今回は実質的な最終日である9日目についてまとめようと思います。

 あとは、前回言っていたオーロラの写真を受け取ったので貼っておきます。

f:id:yuki_100per:20180120043336j:image

 

カメラ越しにしか見えないオーロラってなんなんすかね。ツアー会社もせこいすね。

だって発生したのわかりましたが、目では本当に見えたかどうかわからない程度にしか見えてないんですもん笑

 

ということはさておき本題にはいります。

この日は時間ギリギリでチェックアウトを済ませ、お腹が空くまでずっとホステルのロビーでダラダラしていました。

 

で、お腹が空いたので食べに行ったのがこれ。

f:id:yuki_100per:20180120043249j:image

タコス。

アイスランド最終日なのにタコス食べました。

 

めっちゃうまかったです。

福島でタコスの店開きたいなってくらいうまいです。

トロントにいたせいでタコスにめっちゃハマっています。

 

でもこれ2000円くらいとタコスにしては結構高かったです。。。

(切実に日本にタコベルでいいから欲しい。)

 

で食べた後はレイキャビクを再び散策。

f:id:yuki_100per:20180120043838j:image

海岸沿いを歩いて

f:id:yuki_100per:20180120043909j:image

凍った湖の上を歩きました。

前の日はこの湖の上で子供たちがサッカーをしていました。

 

f:id:yuki_100per:20180120044029j:image

シティホールの滝?が凍ってました。

そんなに寒いのか。。。

 

f:id:yuki_100per:20180120044119j:image

でシティホールにあった立体地図。

この時気付いたのはまだまだアイスランドを見て回れてないということ。

自分の行ったところはほんの左端の部分。

またいつか戻りたいなと思いました。

 

てなこんなで空港へ公共のバスで行きました。

値段は1800クローナでした。

(本当は1840クローナでしたがぴったり出そうとして小銭数えてたら運転手が1800でいいよと言ってくれました。)

シャトル使うと2500でシャトルのバス停まで行くことを考えると3000くらいになるので1200クローナ浮いたことになりますね!

 

今日もオーロラレベルは出現率最低レベル。

しかし、幸いにも明日の朝はレベルが自分が滞在していた期間の中では最強なので少し早めに起きてチェックイン前に確認しようと思います。

 

てな感じで今日は明日の朝に備えて寝ようかな。

 

追記ですが、アイスランドの立体地図を見ていた時今更ですが今年の目標をたてました。

 

最初は就活前の最後の年だからたくさん海外行くぞ。

とか思っていたのですが、よくよく考えたら日本国民のくせに日本国内もまだまだ充分に回れていないのが事実。

そこで今年の目標を今更ながら決定笑

行ったことない海外15カ国、国内5都道府県に行くぞ!

です。

 

で、今年一発目がアイスランドですね笑

それで、日本国内は帰ったらまず桜を見に青森の弘前に行ってみたいと思います。

 

まあこのためにはバイトをひたすら頑張らないといけないので、今年もたくさん働こうと思います笑

でも扶養範囲を超えないか少し心配です。

 

しかし、もうこうやって好きなことができるのは今のうちなので今のうちに色々やっておこうと思います。

 

他にも韓国語勉強して、英語をもっと話せるようにして、とか考えているので1日のモデルスケジュール、週単位のモデルスケジュールなど紙に書いて可視化してから色々検討していこうと思います。

 

てな感じで今更ですが、今年もよろしくお願いします。

 

澤中、念願のアイスランド上陸。⑥

 

みなさんこんにちは。

 

アイスランドは現在お昼の2時です。

HARPAで一休みしています。澤中です。

 

今回は8日目をまとめようと思います。

 

朝は6時半に起き、8時ごろ550人しかいない街をあとにしました。

なぜこんなに朝早いのかというと8時のバスを逃すと次のバスが12時台になってしまうからです。

さらに、チェックアウトが11時までなので1時間ちょいこの街のどこかでフラフラしてなければならず、30分もしないでまわれる街に1時間以上いてもなということでこの時間のバスにしました。

 

朝も星が綺麗でした。

そんなこんなでまたクヴェラゲルジに戻ってきました。

今回は天気が落ち着いているので、川温泉にトライするためです。

朝の9時に到着。

 

少し、ツーリストインフォメーションで明るくなるのを待ってから出発しました。

 

川温泉めっちゃ遠かったです。

川温泉までツーリストインフォメーションから2時間ちょいかかりました。

ずっと歩きです。

さらに荷物を預けるところがないため荷物を全て持ったまんまのトライになりました。

 

他の人は車で駐車場まで行き、駐車場から1時間歩いて川温泉までいくという流れですが車を持っていないので全て徒歩で移動しました。

 

他の人のブログでは、川温泉まで余裕だとか初心者向きとか買いてありました。

しかし、自分の感想はめちゃくちゃキツかったです。

 

みんな着替えとタオルだけ持っての登山でしたが自分は重い荷物を持ちながらかもしれません。あと、ただ単に大量の問題かもしれませんね。

 

まあそんなこんなで川温泉の道のりです。

f:id:yuki_100per:20180119223428j:image

途中、温泉湧いてるんすかねこれ

 

f:id:yuki_100per:20180119223658j:image

 あとぬるい川を見たり

 

f:id:yuki_100per:20180119223748j:image

山1つ目からの景色

ここまでは道が広くて余裕でした。

 

しかしこの後が地獄でした。

 

f:id:yuki_100per:20180119223856j:image

この一本の誰かの足跡を頼りに行かなくてはなりません。

さらに道らしい道ではないので滑ったら谷の底までそのまま滑って行くのではないかと思うくらい怖かったです。

 

f:id:yuki_100per:20180119224025j:image

途中道細くて横に滑ったらボコボコ音を立ててる温泉が湧いている水たまりみたいなのがあるのにこの視界。

湯気で全く前が見えませんでした。

 

f:id:yuki_100per:20180119224143j:image

あとこの橋で死にかけました。

落ちたら地獄ガマへとつながる橋、この橋めっちゃツルツル滑り、盛大にこけて危うく落ちそうになりました。

 

そのあとはこれ

f:id:yuki_100per:20180119224330j:image

山の斜面に道一本。

1人がやっと通れる感じ。

しかも滑って落ちたら自力では戻ってこれない谷。

てかこの日初めて行った人はまじですげえなって思います。

なぜなら雪で道がまじで見えないですから。

 

 

そこからまた少し歩くと

見えてきました川温泉。

 

f:id:yuki_100per:20180119224259j:image

 

ようやくついたのですが、着替えるのがだるかったので足湯だけしてとっとと帰りました笑

 

f:id:yuki_100per:20180119224541j:image

湯加減は熱くもぬるくもなくめっちゃいい温度最高でした。

 

帰りも同じ道で帰ります。

この日川温泉まで行って戻るのが自分が1番だったので、すれ違う人すれ違う人にここからあと何分くらい?道ずっとこんなの?温泉どれくらい気持ちいい?などまじですれ違う度毎回みんなから質問を受けました。

 

帰りの途中、日が昇ってきました。

f:id:yuki_100per:20180119224637j:image

綺麗ですね。

 

てな感じで帰りの方が雪で滑るので少しキツイ感じがしました。

(この日だけで5回は転んだ)

 

駐車場につきまた、歩いて帰ろうとしていたら、車が横に来て窓がウィーン。

 

カナダで1回車の中から水かけられた事があったのでやべえこれと思ったら、乗りたい?って聞かれました。

 

疲れていたので乗りたい乗りたいって言って乗せてもらえることに。

 

そしたらなんと乗せてくれた2人組はアメリカカリフォルニアの自称ユーチューバーでした。

 

確かに山の麓で本格的なカメラで動画撮ってると思ったらユーチューバーだったんですね。

で、車のなかではなんで来たの?とか温泉どおだった?など質問ぜめ。

 

しかもYouTubeに動画載せたいから撮ろうよと言われて車の中で動画撮影。

日本人のユウキとしていろんな質問に答えました笑

てなこんなですぐ街につきおろしてもらうことに。

本当に感謝でした。

動画絶対見よーと思っていた時気付いたことが。

やばい、名前聞いてなかった。。。

 

なので、2人組のカリフォルニア出身のユーチューバー知ってる人は情報ください。

お願いします。。。

 

そんなこんなでクヴェラゲルジをあとにし、レイキャビクへ。

今までまともなオーロラが見えていなかったので泣く泣くオーロラツアーに参加しました。

 

そしたらめちゃくちゃ綺麗な星空とオーロラを見ることができました。

しかし、めちゃくちゃ薄くスマホじゃ映りませんでした。

このツアーで仲良くなった日本大好きイタリア人と2人でカメラ買っとけばよかったねと2人で後悔。

カメラがないからとカメラを持っていたバスの運転手にたくさん写真撮ってとお願いしました笑

 

写真はまだ送られてこないので後日載せます。

 

そんなこんなで想像してたよりもショボかったですが、オーロラを生で見られてよかったです。

でもスマホのカメラじゃ星空も、なにもかも目で見たものよりも綺麗に撮れないのでカメラ欲しいなと少し思いました。

 

 

てな感じでこの日も終了。 

 

 

 

澤中、念願のアイスランドに上陸。⑤

 

みなさんこんにちは。

アイスランドは現在、日が落ち夜になりました。

オーロラツアーを心待ちにしています。澤中です。

 

今回は7日目をまとめたいと思います。

 

この日は朝、チェックアウトは何時でもOKで鍵を鍵穴にさしとけばオッケーとのことでしたが、他の街に行きたかったので日が昇る前の9時ごろにはアパートを後にしました。

 

まず最初に行った街はセルフォスという街です。

セルフォスはクヴェラゲルジよりも人口が多く栄えていました。

しかし、ここは住むには便利かもしれませんが観光には向かないです。

まず、地図がアバウトすぎるのと案内がないため目的地の観光名所に着くことが非常に難しいためです。

さらに観光名所も歩いていけるのはせいぜい4つ。しかもうち2つが教会で1つは橋、もう1つは洞窟でした。

 

f:id:yuki_100per:20180119030631j:image

川のほとりの教会は綺麗でした。

 

橋はすごくちっさなゴールデンゲートブリッジと言ったところでしょうか。

f:id:yuki_100per:20180119030731j:image

 

この橋上を歩く時少し怖かったです笑。

トラックやバスが通るたびにすごく揺れます。。。

しかしこの橋なぜか撮影スポットらしくたくさんの人が三脚を橋の上に立てて写真を撮っていました。

f:id:yuki_100per:20180119030916j:image

小さくて見えないかもしれませんが、ざっと3、4人。

その人たちの隣で同じ角度で撮った写真がこれです。

 

f:id:yuki_100per:20180119031127j:image

確かに綺麗なのかな。。。

 

洞窟は1時間探し回ったのですが見つかりませんでした。

歩いている人に聞いてもあそこらへんじゃないと言われて行ってみても見つからなかったです。。。

1番見たかったのに残念でした。

 

まあそんなこんなでセルフォスをあとに、次は泊まる予定であるeyrarbakki という読み方のわからない500人の街を目指しました。

 

しかしここでトラブル発生。

バスの運転手にはしっかりこの街を指差して行きたいと行ったのに運転手がここだよと言って下ろしてくれたのが隣町でした。

 

隣町はstokkseyri というこれまたなんと読むかわからない街です。

ここも小さな街でした。

この街から見える海岸線がなんともかわっていました。

f:id:yuki_100per:20180119033231j:image

波打ち際がものすごく奥に見えますね。

 

で、どうして違う街だかわかったのかというと、泊まる予定のホステルが見つからず小さな商店で話を聞いたことで発覚しました。

 

どうやって行くのと聞いたらここから車と言われてバスは?と聞いたら1時間後にあるとのこと。

バスの番号聞いたらさっき乗っていたバス笑

運転手が間違えて下ろしてしまったみたいですね。

 

まあ仕方ないのでこの街のすっごく外れにある塔を目指すことにしました。

f:id:yuki_100per:20180119032242j:image

これを目指しました。

奥に見える塔です。

この街を出て1時間歩いたところです。

なんと道は塔まで続いているのですが柵がありここから先は入れませんでした。

 

1時間歩いたのに悔しいの図です。

 

写真ではものすごく小さく写っていますが、自分の目で見たのはもう少し大きく映りました。

 

で、また1時間歩き街に戻りバスに乗ってようやく目的地に。

ここにはホステルがあったのでホステルに宿泊しました。

レイキャビクのホステルよりもまあまあ高かったです。。。

しかし、ホステルの宿泊客は自分1人だけだったので、広いキッチン、バスルームを1人で使うことができました。

さらに、綺麗だったので最高でした。

 

ホステルのオーナーが今日は俺しか来ないので鍵渡すから戸締りしといてとのこと。

玄関の鍵を受け取り、オーナーは夕方ごろに帰ってしまいました。

 

そしたら夜になると誰かホステルに来ました。

誰かと思ったら従業員の女の人でレストランで働いてるらしくレストランが終わってからここの手伝いをしているとのこと。

 

2人で少しだけ話して俺はオーロラ観察に。

ここは人口が少なくこじんまりしている分星はアイスランドで今まで見た中でめちゃくちゃ綺麗でした。

(ホステルの裏の海は真っ暗なのでそこに行けばもっと綺麗に見えたと思いますが真っ暗なことと、海が来るなと言っていたので行きませんでした。。。)

 

昼間のホステルの裏の海。

f:id:yuki_100per:20180119033526j:image

 

しかし、残念ながらこの日もオーロラは見れませんでした。

 

てな感じでこの日も終了。

 

 

澤中、念願のアイスランド上陸。④

 

みなさんこんにちは。

アイスランドは現在夕方の6時です。

オーロラツアーまで時間があるのでブログ一気に書いてます。澤中です。

 

今日は5日目と6日目をまとめたいと思います。

 

朝、ホステルをチェックアウトしオーロラを見るためにオーロラ観測に適していると言われているクヴェラゲルジという人口2000人ほどの街に向かいました。

 

クヴェラゲルジ、めっちゃ良かったです。

 

まず着いてからチェックイン。

クヴェラゲルジにはホステルがないので少し高めですがアパートを2日だけ借りました。

 

2日間1人でめっちゃ綺麗な部屋を使うことができました。最高でした。

 

チェックインした後はとりあえずトラベラーズインフォメーションに行き、情報収集。

 

この街は温泉が有名らしいです。

街の中にも温泉の公園がありました。

 

とその後はもらった地図に従って街中散策。

この地図めっちゃ面白かったです。

地図というより地図に書かれた観光名所が面白かったです。

 

温泉公園と教会以外、看板しか立っていないような状態でした。

f:id:yuki_100per:20180119022445j:image

これが看板と看板の説明している建物。

建物は全て建て直されていて、看板の建物と全然違いました笑

 

有名な温泉公園。

これが1番面白かったです。

まず開園時間が朝の9時からお昼の14時くらいとすごく短かった記憶があります。

しかし、5時くらいに行ったのですが、チケット売り場のある小屋の中に人がいて時間外ですが特別見学できることに。

 

5時に団体客がくるので待っていたらしいのですが、なかなか来なくて暇だから来るまで自由に見てていいとのこと。

めっちゃ運が良かったです。

 

というわけで中をプラーと散策。

f:id:yuki_100per:20180119023127j:image

看板の説明を読んでみた感じこれは温泉がたまっているらしいのですが、凍って雪が積もっていました。

 

f:id:yuki_100per:20180119023228j:image

写真はこんなんですが、実際は

f:id:yuki_100per:20180119023238j:image

なんと泥の上に氷が張っていて上に雪が積もっていました。

 

f:id:yuki_100per:20180119023449j:image

唯一凍っていなかった足湯。

写真は湯気が上がり温かそうですが、手を入れて確かめたらぬるい。。。

むしろ冷たい域に入っていました。

 

温泉を売りにしてる公園なのにほとんど機能していない公園。

唯一機能していたのがこれ。

f:id:yuki_100per:20180119023813j:image

ここから温泉が湧き出てるらしく湯気がちゃんとモクモクしてました。

 

ある意味、この公園めっちゃ面白かったです。

 

しかも10分で周り終わり団体客がくるまでに全て見終わり、一応見たからお金払うと言ったら10分だけでごめんなタダいいからと無料で見学させてもらえました。

(しかし、お金払ってもたぶん10分で終わってた。)

 

で、そんなこんなでクヴェラゲルジの観光は終了。

まだ少し明るかったのでクヴェラゲルジのゲストハウスに、周り値段調査してきました。

 

最初はインターネットで調べたらホテル以外はここしか宿泊施設がないとのことだったのですが、クヴェラゲルジには何個かゲストハウスが存在していたため調査してみました。

 

そしたはなんとアパート(もはやホテル)が他の全てのゲストハウスよりも半額以下の値段でした。

 

ホステルよりかは高かったですがクヴェラゲルジでは最安値でした。

ちなみにゲストハウスは並みのホテルと同じか少し、低めの値段設定だったので正直ゲストハウスに泊まる意味はないと思いました。

 

とそんなこんなで夜になり、オーロラを見ることにしました。

外で3時間以上街の端っこなどいたるところを行って待っていたのですがオーロラは現れませんでした。

 

山などは光がないため見れたのかもしれませんが1人で真っ暗闇の中に行くのは怖かったので、行きませんでした。。。

 

そんなこんなでこの日は終了。

 

6日目はクヴェラゲルジで最も有名な川温泉を目指すことに。

しかし、この日は風が強すぎて前を見ながら歩かなかったことと雪の予報だったので断念。

 

お昼ご飯を本格的なピザ屋で食べました。

(ここしかお店があいていなかった。)

 

f:id:yuki_100per:20180119024911j:image

ビールとピザで2500円程度。

まあまあお腹いっぱいになりました。

 

で、サーバーの女の子がフレンドリーだったので色々お話ししました。

また来てくれるよね?みたいなこと言ってお店の名刺もくれました笑

 

で、もうすることがないので夜までダラダラしようとアパートに戻りダラダラ。

 

しかし、雪は一向に降らないし、かぜもおさまってきて穏やかな天気になっていました。

飯食って行ったけばよかったなと思い、外にはせめて出ようと思いプールに行きました。

 

プールと言っても温水プールなので温かかったです。さらにサウナ、や温泉みたいなのもあるので、現地の人は露天風呂としてプールを利用しているらしいです。

で、せっかくプールがあるからと50メートルプールで10年ぶりくらいにまじめに泳ぐことに。

50メートルなんとか一本泳げたのですが、泳いだ後めっちゃ気持ち悪くなり、その後はずっと温泉に浸かってました。

体力の著しい低下が伺えますね。

 

そしたら途中から吹雪いてきてお湯から出てる顔に雪が当たって痛かったので1時間ちょっとでプールをあとに。

 

その後は宿でダラダラして、夜は天気が落ち着くのを待って再びオーロラ観察に。

 

この日も3時間くらい外で観察。

そしたらついにオーロラが見れました!

しかしめちゃくちゃ薄く今ではあれほんとにオーロラだったんかなと思うくらい薄かったです。

そのためスマホで写真を撮ろうとしても何も映りませんでした。

 

てな感じでこの日も終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

澤中、念願のアイスランド上陸。③

 

みなさんこんにちは。

なぜか左腕が筋肉痛。澤中です。

 

今日は4日目についてまとめていこうと思います。

 

4日目はブルーラグーンに行きました。

ブルーラグーンは完全予約制らしいので、トロントにいるうちに予約しておきました。

お値段なんと10000円笑めちゃくちゃ高い笑

 

仲良くなったルームメイトのイタリア人とカナダ人からは日曜日に行くなんてありえないとか、平日に行くべきだよとか散々言われましたが予約してしまったものは仕方がない。

 

ということで行って来ました。

f:id:yuki_100per:20180119014639j:image

世界一大きな露天風呂ブルーラグーン

これは残念ながら天然温泉ではないらしいです。

 

隣にあるこれ

f:id:yuki_100per:20180119014807j:image

この地熱発電所の副産物としてできたらしいです。

お湯は39度設定とぬるめでシリカという成分が含まれているので肌にはいいんだとか。

 

と、ブルーラグーンの話題に入る前にバスターミナルで見たアイスランド料理を紹介します。

f:id:yuki_100per:20180119014953j:image

なんと羊の頭。

大切な食料である羊を無駄なく食べるらしいですね。

しかしこれ日本円にして5000円いかないくらいと結構高めだったのでトライしませんでした笑

 

スーパーには羊の頭が袋に入って山盛りになって並んでました笑

 

では、ブルーラグーンの話に戻します。

正直寒かったです。

肩から上は寒い空気に晒されます、また場所によってはぬるいを通り越して冷たいところもあります。

やはり、広いので少しづつ冷めちゃうんだなって思いました。

しかし、四角い箱はポンプになってるらしく、その周りのお湯だけすごく温かいです。

 

で、世界一のでかさ

f:id:yuki_100per:20180119015557j:image

日曜日でもあんまり混んでなかった印象があります。

(やっぱり完全予約制だからかなんでしょうかね。)

 

カナダ人とイタリア人は別の日に行くらしいので混んでるか聞きたかったのですが、その時泊まっていたホステルはこの日が最後の夜だったので聞けずじまい。

 

また世界のどこかで会えるといいなとか話してお別れ。

 

話を戻すとブルーラグーンはたぶん冬以外ならめちゃくちゃいい施設だと思います。

冬ももちろんいい所ではあるんですが、冬はやはり寒いです。

 

さらにブルーラグーン温泉に浸かりながらスムージーや、ビール、ワインなどが買え、飲めます。

 

しかし、量は少し少なめだった気がします。

スムージーは5分と持たず、ビールも自分のいつものペースで飲んだのですが、10分いかないくらいで飲み終わってしまいました。 

値段はレイキャビクで飲むのとさほど値段は変わらず高かった気がします。

 

昼間から夜までずっと5時間くらいつかっていたのですが、ぬるいのでのぼせることはなかったです。

自分の夢であるお風呂に浸かりながらオーロラを見るということは残念ながら叶いませんでしたが、星は綺麗でした。

 

f:id:yuki_100per:20180119020451j:image

ブルーラグーンの周りの水たまりもこんな色でした。

何人だかわかりませんが(たぶん英語圏の人)のグループが来てフリーブルーラグーンと言って手を突っ込んでいましたが、この水たまりは温かくはないので、ただですが浸かるのには向いてないですね。。。

 

施設内は写真撮影自由なのでみんなGo ProだったりiPhoneだったりをもって温泉につかってました。

自分は万が一スマホが濡れるのが嫌だったので、一枚だけとってスマホはロッカールームに戻してしまいました。

 

てな感じでブルーラグーンを後にし、レイキャビクに到着。

この日の夕食はここでした。

f:id:yuki_100per:20180119021015j:image

めっちゃ吹雪いてる中ドロップオフの場所から少し歩いた所にあるハンバーガー屋さんです。

 

この日は朝から何も口にしていなかったので1番大きいサイズを頼みました。

f:id:yuki_100per:20180119021133j:image

大きさは少し大きめって感じですね笑

 

お腹がそこまでいっぱいにならなかったのですが、お金がないのでこの日は我慢して、宿に戻りました。

 

そしたら、部屋に戻る途中インド人の友達に遭遇。ブルーラグーンの感想聞きたいから下に行って待っててと言われて下で待っていたのですが、2時間経っても来なかったです。

 

そのインド人の友達とはそれきり会っていません笑

 

てな感じでこの日も終了。